宝塚キャンパス

ヘルパーステーション

宝塚まどか園 ヘルパーステーション【宝塚キャンパス】

1日を笑顔で過ごしていただけるよう
笑顔いっぱいのヘルパーがお手伝い


在宅で生活されている方で介護が必要な高齢者または
家事援助が必要な方の家庭に対して、お家まで訪問し、
サービスをさせて頂きます。ご高齢になっても住み慣れた家で、
ずっと暮らし続けたいという思いを、笑顔いっぱいのヘルパーがお手伝い。
ご利用者様の心身の特性を踏まえて、安心して日々を過ごして頂けるように
サポートさせていただきます。
事業内容

訪問介護員(ホームヘルパー)がご家庭を訪問し、介護や家事の援助を行います。

(1)身体介護
入浴介助・・・入浴の介助又は、入浴が困難な方は拭く(清拭)など行います。
排泄介助・・・排泄の介助、おむつ交換を行います。
食事介助・・・食事の介助を行います。
体位交換・・・体位の交換を行います。
(2)生活援助
調理・・・・・ご契約者の食事の用意を行います(ご家族の調理は行いません)
洗濯・・・・・ご契約者の衣服等の洗濯を行います(ご家族分の選択は行いません)
掃除・・・・・ご契約者の居室の掃除を行います(ご契約者の居室以外の居室、庭等の敷地の掃除は行いません)
買い物・・・・ご契約者の日常生活に必要となる物品の買い物を行います(預金、貯金の引き出しや預け入れは行いません)
<障害者総合支援法による居宅介護・重度訪問介護>
(1)身体介護、家事援助(居宅介護)
食事介助、入浴介助、排泄介助、更衣介助、身体整容、体位変換、移動・移乗介護、服薬介助、起床・就寝介助、自立生活支援のための見守り的援助、買物、調理、掃除、洗濯等
(2)重度訪問介護
入浴、排泄及び食事等の介助、調理、洗濯及び掃除等の家事、外出時における移動中の介護並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助。
私達が大切にしていること
「ご利用者様の立場に立って」を常に心がけていきます

ご利用者様の不安をなくし、迅速かつ丁寧に対応致します。毎日たくさんのご利用者様のご自宅に訪問させて頂いています。見ず知らずの他人が家にやってきて、家の中の道具を使う、または自分の体を委ねることに不安や抵抗をお持ちだったご利用者様と、時間を共に過ごすことにより、信頼関係が徐々に芽生え、そしてたくさんの思い出ができます。

ご利用者様がその人生の主役となるよう、またご家族とご利用者様の絆を深め、かけはしとなるよう努めます

管理者兼サービス提供責任者 後藤真弓

ご利用者様の人となりはもちろん、その日の体調や気分、やってほしいことを理解・キャッチします。その上でご利用者様のひとりひとりが人生の主役となるよう、私達は人生最終章の名脇役となります。ゆとりある関わりを大切にし、ご利用者様の笑顔あふれる生活作りに努めます。

ご利用者様の「ありがとう」に支えられて

「現在、まどか園では10人体制で仕事をしています。サービス提供責任者として、職員には利用者様の人となりをまず知ることから始めるよう指導しています。ご利用者様のお城とも言えるご自宅にお邪魔させていただいているのですから、そのお城とそこで過ごされる習慣やペースを絶対に壊さないこと。人はそれぞれ生きてきた過程で様々な生活様式が出来上ります。人と接するというのは難しいことですが、ご利用者様とご利用者様のお城の中でそのルールに従って関わらせていただく中で信頼関係が生まれ、やがて心から「ありがとう」と笑顔で言ってくださるようになる。それが自分の元気となり、喜びになり、私自身が「ありがとうございます」と感謝の気持ちでいっぱいになります。
ご利用者様ができることは必要以上に決して行いません。自分は脇役に徹し、ご利用者様を主人公として中心に作業の段取りを一緒に決めたり、やる気を呼び覚ますことも大切だと思うからです。依存心を持ちすぎないよう一線を引きながらも、いつも笑顔とハートにあふれた事業所で、ご利用者様にもっともっと良いサービスを提供できるように努めていきたいと思います」

ご利用料金について
ご利用料金については、下記からお気軽にお問い合せ下さい。

Copyright(c)Shoukyu-Fukusikai.All Right Reserved.