神戸キャンパス

キャンパス長挨拶

「神戸まどか園」に少しでも関心のある方へ

岩崎 政己

キャンパス長 岩崎 政己

この度、神戸市長田区大丸町にユニット型の特別養護老人ホーム80床の介護保険サービスを平成28年4月から開設しており、ユニット型ショートステイ18床、認知症対応型通所介護、訪問介護、居宅介護支援の介護保険サービスを順次開設する予定です。
この神戸まどか園は、TV番組や介護雑誌でおなじみの「ケアプロデュースRX組代表の青山幸広氏」の設計・監修により、入所されるお年寄りが「人生のエンディングを過ごすにふさわしい豊かな場所の創造」をテーマとして、5つのコンセプトに基づき、今までの施設の概念を根本から考え直した施設配置を検討して、施設全体の設計を行いました。
当法人は、28年の歴史の宍粟市にある従来型特養「まどか園」と10年の歴史の宝塚市にあるユニット型特養「宝塚まどか園」を運営しており、神戸まどか園では、この2つに施設の良い面を活かした運営を心がけ、入所者や家族との絆を深め、近隣地域の様々な団体や関係機関と協力しながら、この長田区大丸町に存在不可欠な施設であるように努めてまいります。
また、入所者の処遇においては、RX組での介護技術である「楽技介護:その人の自然な本来の動き、持っておられる力を上手く使って頂き、それをサポートすることで、利用者の「自分はまだ出来る」という思いを持って頂くことが生きがいに繋がっていく介護」の習得のための研修を紫野庵にて実施、利用者と寄り添いあえる関係を築いていく介護を目指しています。
ぜひとも、詳しい内容について、お問合せください。

平成27年7月
神戸まどか園 キャンパス長 岩崎 政己

Copyright(c)Shoukyu-Fukusikai.All Right Reserved.